カミソリ負けしやすい肌にも優しいシェーバー5選

ライフハック

男性であれば毎日髭を剃りますが、カミソリ負けし易い肌の人にとってはちょっとした油断で血が出たり、沿った後にヒリヒリしたり大変ですよね。

私も同じです。旅館やホテルに置いてある2枚歯のカミソリを使って髭を剃ると、間違いなく血が出ますし、剃った後のヒリヒリ感が残ります。。。

そもそも、カミソリは刃が直接肌に触れることになるため、シェーバーよりも肌への刺激は強いです。

ちなみに、私はブラウンシリーズは肌が負けてしまうため利用できないです。剃った後のヒリヒリ感が耐えられない…

そんな肌が弱い人にもオススメな、肌に優しいシェーバーをご紹介いたします!

スポンサーリンク

超絶肌が弱い人ならPHILIPS一択!!

PHILIPSのシェーバーは回転する独立三枚歯が特徴的ですね。

肌に優しいという点においては、他の有名メーカーとは一線を画すレベルだと思います。

1枚目の刃がヒゲを根元から引き上げ、2枚目の刃がカット。内刃が直接肌に触れないので肌を傷めずに深剃りできる。

出典:amazon 商品説明

読んでもピンとこないとは思いますが、深剃りに弱いと言われているPHILIPSのシェバーでも上位機種になると様々な技術を駆使して深剃りを実現しています。

ただ、その独特な形状からちゃんと逸れるようになるまでには多少の練習が必要です。
ま、1週間もあれば充分慣れるので気にする程ではありませんけどね。

PHILIPS メンズシェーバー 9000シリーズ

フィリップス メンズシェーバー 9000シリーズ S9185/26

深剃りも肌への優しさも妥協したくない人はこちら。

ある程度髭が濃い人でも満足できる剃り味を提供してくれるPHILIPSの現行最上位機種です。

「ダブルVトラック刃」によって、他の機種に比べて深剃りができます。

ただ、深剃りと肌への刺激は反比例するところがありますので、この後紹介する機種よりは多少肌への刺激が強くなります。

肌への刺激を最小限にすることだけを追求するのであれば、後述する7000シリーズをオススメします。

PHILIPS メンズシェーバー 7000シリーズ

フィリップス メンズシェーバーPHILIPS 7000シリーズ ウェット&ドライ S7311/26

肌への優しさは最強クラスの7000シリーズです。

5000シリーズとの大きな違いは、刃の表面に施されているビーズコーティングです。

これによって、より肌への負担を軽減することができる状態となっています。

敏感肌で困るという人であれば、このシリーズが一番オススメです。

PHILIPSのラインナップの中でも敏感肌用として位置づけられているシリーズです。

PHILIPS メンズシェーバー 5000シリーズ

フィリップス メンズシェーバー 5000シリーズ S5395/26

PHILIPSシェーバーのメインラインナップにおいて、エントリーモデルと位置づけられているのがこのシリーズです。

今まで上げたものの中では最も価格が安いものですが、肌対策という点においては上位機種よりは劣ります。(安いと言っても1万超えてくるのですが・・・)

ただ、剃り味と肌への優しさを両立するという点においては、こちらの機種でも満足行くと思います。

PHILIPS メンズシェーバー パワータッチ

フィリップス メンズシェーバー パワータッチ PT764/14

あえて、メインではないこちらをご紹介します。

なぜなら安いから!笑

実は、私が初めて購入したPHILIPS製品はこちらです。

初めてPHILIPSを購入する、一度試してみるという方であればこちらも選択肢に入るのではないでしょうか。

ただし、早剃りは期待できませんので、その点についてはご注意ください。

あえてのPANASONIC ラムダッシュ

今までPHILIPSばかり紹介してきましたが、あえてここでラムダッシュを紹介させてください。

なぜなら、PHILIPSが壊れたときに急遽購入したラムダッシュが意外にも肌に合っていたから。

パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃 お風呂剃り可 赤 ES-ST2N-R

これは3枚刃なのですが、風呂剃りに対応しています。

シェバーバーで髭を剃るときに、皆さんがどのような環境で利用されているかは分かりませんが、肌が弱いのであれば風呂剃りは一つの解決策です。

お風呂の湯気や、お湯で髭を柔らかくしてから剃ることで髭が剃りやすくなり、結果的に肌への刺激を抑えることにつながります。

また、この機種は泡を作ることができるので洗顔フォームを利用してシェービングクリームを作ることができます。

現在はこの機種を愛用していますが、何の不満もありません。

また、深剃りとまではいきませんが剃ったあとはツルツルになりますし、ヒリヒリ感もありません。

加えて、値段が安い!!

コスパが非常に良い商品ですので、是非とも選択肢にいれてください。

まとめ

肌が弱い人にとって髭を剃るという行為は苦行です。。。

でも、無精髭を生やしているのも許されない状況もありますよね。

深剃りをメインに押し出したシェーバーが数多く販売されている中、肌の弱い人用のシェーバーはメインではありません。

ただ、各社工夫を凝らして肌への刺激を減らすように努力をしてくれています。

PHILIPS社が最も肌への刺激が弱いですが、深剃りが苦手です。

肌への刺激と深剃りのどちらを重視するかは人それぞれですが、貴方にピッタリのシェーバーが見つかりますように!

コメント