中途半端に寒い季節にランニングするときにオススメのウェアはこれだ!

ランニング

完全防寒でランニングすると暑いけど、半袖でランニングをするには寒いという中途半端な気温が続いていますね。
そんなときにピッタリのランニングウェア(というかスポーツウェア)をご紹介します!

スポンサーリンク

中途半端な寒さだからこそ、アンダーアーマー(UA)コールドギア

そもそもアンダーアーマー(UA)コールドギアって何?ということを軽く説明します。

コンプレッションウェアとして有名なアンダーアーマー(UA)ですが、実はスポーツをする際の気温に合わせて複数の種類が用意されています。

その中の一つであるコールドギアは「-10℃〜12℃」の寒い時期に利用することを目的に制作されています。東京オリンピックが開催されていましたが、この時期の大会に出場するファンランナーには丁度良いのではないでしょうか。

私は、今の季節(最高気温10℃弱)であれば、アンダーアーマー(AU)コールドギアを着た上にウィンドブレーカーを着れば快適にランニングできています。

アンダーアーマー(UA)コールドギアの着心地

裏面はフリースのような素材になっている

裏面がフリース素材のようになっており、非常に肌触りがよく着心地がいいです。
通常のスポーツウェアのような爽快感とは異なりますが、走っている間もまったく違和感がありません。

正直、こんなに肌触りが良いならもっとはやくランニングに関わらず使っておけば良かったと思います。

コンプレッションはヒートギアと変わらずに感じられる

アンダーアーマーといば、セカンドスキンと呼ばれるようなコンプレッションウェアが有名です。
もちろん、コールドギアシリーズも同様にコンプレッションタイプが発売されており、適度なコンプレッション感を感じることができます。
ヒートギアと同じサイズを購入すれば問題なく着用できると思いますので、是非ともお試しください。

汗冷えしないような素材も使われている

最後の特徴ですが、ヒートギア等のたのシリーズと同様に汗冷えしないような機能があります。
“モイスチャートランスポートシステム”と呼ばれる汗を吸収すると同時に発散するようなシステムだそうです。

名目はそうですが、実際にはどうなの?という点が気になるところだと思います。
コールドギアに関わらず、ヒートギアを使ってみても同じように感動したのですが、汗が背中をタラタラ流れる不快感は全く感じません!

これは本当に驚きました・・・
今まで、2kmくらい走ると発汗が激しく背中を流れる汗が非常に不快でしたし、ウェアが吸収した汗がペタペタするせいで走っていて凄い嫌な気分になっていました。
しかし、アンダーアーマーを着始めてから不快感が全くなくなりました!!

まとめ

体力づくりやストレス発散でランニングしているのに風邪をひいてしまっては本末転倒です。
中途半端な寒さが続く時期こそ、暑すぎず寒くない格好をしてランニングを楽しみましょう!

寒い時期にも活躍するおすすめのランニングタイツはこちらで紹介しています。
ランニングタイツ(c3fit)で筋肉痛を軽減!?

コメント