ロードバイクに乗るなら欲しい!GPS機能付サイコンまとめ

ロードバイク

ロードバイクに乗るなら是非とも手に入れて欲しいガジェットは「サイクルコンピューター(サイコン)」です。

サイコンは速度と距離だけを測定するものから、HR(心拍数)やケイデンス、GPS機能を持ったものまで複数あります。

今回は、そんな中でも走行ログを残しておきロードバイクでライドした後にも楽しめるGPS機能付のサイコンをご紹介します。

え?スマホでもログはとれるから大丈夫って?いやいや、全然大丈夫じゃないです!!!

スポンサーリンク

スマホをサイコン代わりに利用するのは限界がある

サイコンをご紹介する前に…GPS機能を持っていてログを取得するならば、スマホを利用すれば良いのでは?という考えもあると思います。

走行時間が短いのであればスマホを利用することは有効な手段ではありますし、GPSの性能自体も非常に高いです。

これは紛れもない事実です。

ただし、スマホについてはバッテリーの不安がありGPSをONにしていると結構なスピードでバッテリーを消費してしまいます。

お使いの機種によるので一概には言えませんが、緊急の際の連絡や道に迷ったときにスマホが使えないのは厳しいです。

充電器を持って走るという手もありますが、正直ロードバイクを乗るためには極力持ち物を減らしたいところです。

また、スマホではスピードメーターを見ながら走るのは若干不安です。

ロードバイクに備え付けができるスマホホルダーもありますが、高速で走ることができるロードバイクにスマホを備え付けて走っていて、もし転倒したときには金額以上のダメージを受けることは間違いありません。

スマホ併用でスピードメーターとしても使いたいのであれば安いサイコンで良いので取り付けて、GPSの走行ログとしてのみスマホを使うことをおすすめします。

ロードバイクに乗るなら欲しいGPS機能付サイコン

GPS機能を持ったサイコンは主要なサイコンメーカーは大体商品ラインナップに並べています。

値段も幅がありますので、必要な機能を見極めて適切なサイコンを選びたいところです。

Bryton(ブライトン)Rider 10

ブライトン Rider One E (ケイデンスセンサー無し) GPS ホワイト(TB0F0R01EWHT)

台湾のサイコンメーカーBrytonのGPS機能つきサイコンです。

この機種の特徴は圧倒的なコスパの高さ!これにつきます。

何と言っても素晴らしいのが実勢価格1万を切る価格ながらGPS機能が使えるという点ですよね。

安価にGPS機能を持ったサイコンを欲しいのであれば、こちらの機種がおすすめです。

GPS機能だけではなく、サイコン/スピードメーター/HRモニターにも対応している点もポイントです。

加えてBrytonのサイコンシリーズはSTRAVAにもアプリを経由して自動同期ができますのでGPS機能付のサイコンには嬉しい走った後のログ確認の楽しみもしっかりとできますよ。

Bryton(ブライトン)Rider 310

BRYTON(ブライトン) RIDER 310 E (ライダー310E) GPSサイクルコンピューター(単体) TB0F0R310EBLK

同じくBrytonの製品「Rider310」です。

Rider10との比較での違いとしてはAnt+の通信方式、パワーメーターに対応している点が機能面での大きな違いです。

また、1画面の表示項目数が8項目まで表示可能なためライド中に必要な情報を瞬時に把握することが可能です。

ただ・・・この機種の一番優れていると思う点は駆動時間です。

公称36時間の駆動は圧巻です。

泊まりがけのライドであっても安心して利用することができる点は非常に高ポイントです。

Brytonの製品全般に言えることですが、機能に対してのコスパの高さも素晴らしいです!

もしケイデンスセンサーをお持ち出ない方は、絶対に以下のバージョンを購入したほうが良いです。

クランク部分にだけ着ければ良いタイプのため輪行のときにも邪魔になりません。

そして、どうせGPS機能つきのサイコンを買うならケイデンスも知りたいじゃないですか!!ログ取って楽しみたいじゃないですか!!

Bryton(ブライトン)Rider 530

ブライトン Rider530T トリプルキット(ケイデンス、スピード、心拍センサー付) GPS ブラック(TB0F0R530TB0F0LK)

現状日本で正規購入が可能なBrytonのサイコンでは最高級に位置する機種です。

なんと、こちらは簡易MAP機能がつきます。

予めルートを登録しておくことでルートから外れたときにアラートを出してくれる機能です。

一緒に輪行を行く仲間がGarmin製のMAP機能付きサイコンを持っていますが、意外に便利そうだなぁ・・・と思って羨ましくみております笑

また、私には手が出ないのですが…シマノDi2にも対応しているという。

電動コンポ買う(買える)ことは無いのでどうでも良いですけどね!!!

さすがBryton製品、こちらのRider530についてもコスパ最高です。

Di2連携はどうでも良いとして、MAP機能を使いたい場合は一考の余地大アリです。

なお、こちらの製品はサイコン、スピードセンサー、フロントマウントのセットも売っております。

各種オプションをお持ちでない場合はセット購入した方が、後で購入するよりも断然お得です。

LEZYNE(レザイン)MINI GPS

LEZYNE(レザイン) サイクルコンピュータ 日本語対応 コンパクトで機能充実 ミニGPS 【日本正規品/2年間保証】

Lezyneのサイコンは現状発売されているものはすべてGPS機能がついているという太っ腹具合です。

価格もGarminに比べて抑えめなので、サイコン購入を検討するにあたって候補に入りますね。

こちらの機種は一番小さなMINIなのですが、ちゃんとGPS機能がついてます。

ただ、GPS機能はついているものの、通信方法はAnt+対応外なので自転車センサー系で手持ちのセンサーを利用する場合はご注意ください。

稼働時間は10時間あるため日帰りライドにおいては十分なのですが、Ant+非対応というのは残念です。

気圧計、加速度計についても対応外なので高いログ精度を求める方は上位機種を検討ください。

LEZYNE(レザイン)MACRO GPS

LEZYNE(レザイン) マクロGPS サイクルコンピュータ 日本語対応 大画面で機能充実 【日本正規品/2年間保証】

お次はMACRO GPSです。

こちらはMINIと比較してサイズが大きくなっており、走行中も画面が見やすいです。

ただし、引き換えに重量が45g程度重くなっています。
が、対して気にするレベルの乗り方していないので、どっちでも良いです笑

一方で稼働時間は大幅に伸びており公称22時間です。宿泊ライドでも充電不要なレベルですね。

こちらもAnt+には残念ながら非対応なので、既存のセンサ類を使いまわす予定の方はご注意ください。

そして、同じく気圧計、加速度計についても対応外なので高いログ精度を求める方は上位機種を検討ください。

LEZYNE(レザイン)MICRO GPS

Lezyne Micro GPS Cycling Computer (Black) by Lezyne

MICRO GPSはサイズ的にはMINI GPSと同じサイズの機種です。

大きな違いとしては、気圧計・加速度計が搭載されていることと、Ant+への対応が実装されている点ですね。

また、実は稼働時間も伸びており公称14時間となっております。

GPSサイコン購入においてログ精度、実用性という面において非常に魅力的な機種ですね。

LEZYNE(レザイン)MICRO C GPS

LEZYNE(レザイン) マイクロ・カラーGPS サイクルコンピュータ 日本語対応 コンパクトで高機能 【日本正規品/2年間保証】

MICRO GPSのカラーバージョンがこちらです。

今までの機種との最大の相違点はGPS/Glonassという2つの衛星ネットワークから位置情報を入手している点です。

これにより、ログ精度が向上します。

また、カラーなので駆動時間が短くなるかと思いきやMICRO GPSと同じく公称14時間駆動なのも嬉しいポイントですね。

レザインのGPSサイコンラインナップ多すぎて、各モデルの差が細かすぎてコメントが無くなってきますね~笑

LEZYNE(レザイン)SUPER GPS

LEZYNE(レザイン) スーパーGPS サイクルコンピュータ 日本語対応 超高機能・大画面 【日本正規品/2年間保証】

最上位機種の立ち位置にあるのがSUPER GPSです。

MICRO C GPSとの明確な違いは駆動時間で公称24時間もあります。

2泊ライドとかでも充電無しで余裕で対応できそうですね。

GPS/Glonassという2つの衛星ネットワークから情報を入手しているという点についても同じなため、精度という点においてはMICRO C GPSとの差は無いと思われます。

価格面でみても他のメーカーよりも安く購入できそうなところも嬉しいポイント。

コスパいいなぁー

Lezyneのサイコンは種類も多く各モデルの差が少ないため、日本代理店であるDiatec ltd.公式HPの一覧表のリンクを置いておきます。
Lezyneサイコン機能一覧表|Diatec ltd.公式HP

POLAR M460

POLAR(ポラール) 【日本正規品/日本語対応】GPSサイクルコンピュータ M460 (GPS内蔵) 90064756 ブラック

HRセンサーの巨匠であるPOLARもGPS機能をもつサイコンを発売しています。

こちらのモデルは基本的な機能を保持しており、通常の利用において不満を持つことはないのではないでしょうか。

POLARらしく心拍ゾーンを定めたトレーニング機能を持つ等のハイレベルなサイコンですね。

大気圧センサーも備えており、ログも高精度で取ることが可能です。

こちらのモデルは日本の衛星である「みちびき」にも対応しているため、さらに精度が高いものになります。

他に「みちびき」に対応しているのはGarminくらいではないでしょうか?

POLAR V650

POLAR(ポラール) V650 (GPS内蔵サイクルコンピュータ)【日本語対応/日本正規品】 90050531

何と言っても特徴はロードマップが利用できる点です。

そして、当然POLARであるが故のトレーニング機能は充実しております。

ただ、何故か対応しているGPSから「みちびき」が外れています。

日本で利用するにあたっての精度を最大限追い求めるのであれば「みちびき」の衛星を利用できる方が良いなぁとは思いますが、正直ログをためて楽しみたいというレベルであればそこまで差があるのかな?という気もしますね。

Pioneer SGX-CA500

Pioneer(パイオニア) サイクルコンピューター Wifi ANT+対応 トレーニングメニュー・データ解析Webサービス付 SGX-CA500 SGX-CA500

Pioneerもサイコンを出しているって知ってました?

こちらの機種の素晴らしい点はパワーメーターを装備している場合は、ペダリングの力のベクトルまでちゃんと表示される点です。

私はパワーメーターを利用していないので、少々オーバースペックではありますが・・・パワーメーターを利用する方にとっては素晴らしい機能かと思います。

加えてGPSの機能でSBASというものがあるのですが、これにより通常のGPSに比べて高精度の位置情報取得ができるようになっています。

Wahoo  ELEMNT BOLT

WAHOO(ワフー) ELEMNT BOLT GPSサイクルコンピューター単体(マウント付) WFCC3

Wahooから展開されているELEMENT BOLTの特徴は、何と言ってもその形状ですね。

エアロ性能を追求した形状になっており、底面が微妙に船の底みたいになっています

機能面においては紹介している他のサイコンと同様にGPS機能の他、パワーメーターとの接続も可能となっています。

また、こちらの機種はBluetooth、ANT+の両方の規格に対応しており汎用性も高いですね。

Wahoo  ELEMNT  

WAHOO(ワフー) ELEMNT GPSサイクルコンピュータ WFCC1

ELEMENT BOLTに比べて若干サイズ大きめな機種がこちら。

Wahooのサイコンは両機種ともに世界中の地図が利用できるという特徴があります。ナビ機能を重視する方は充分検討候補にはいるのではないでしょうか。

ただ、スマホとの連動を前提にしている部分があるため、スマホを電池持ちを気にする場合は予備バッテリーが有ったほうがよいかもしれませんね。

GARMIN Edge 25J

GARMIN(ガーミン) Edge25J エッジ25J 370902 ブラック

GRAMIN Edgeシリーズの中で最小サイズのサイコンです。

ただ、さすがはGARMIN小さくても機能性はしっかりしています。

通常のサイコンに求める機能については満足度の高い性能でしっかり必要な機能を保持しています。

ただ、若干気になるのが駆動時間ですね。公称8時間なのですが、一日がかりのロングライドに行く場合は、休憩中とかは電源OFFにするなどしないと持たないのでは…という不安が若干あります。

GARMINを使ってみたい!という方にとっては他の機種に比べてお値段抑えめなので充分検討候補になるのは間違いないです。

GARMIN Edge 520J

GARMIN(ガーミン) Edge520J 136807

Edge 520以上がGARMINとしての真骨頂かと思います。

他のメーカーに比べてGARMINは高価格帯に位置するのですが、それも納得できる機能性です。

特にトレーニングプランを作ってライドに望む方に関しては、言わずもがなGARMINを狙うべきでしょう。

520についてもしっかりとトレーニングに関する必要機能を持っています。

GARMIN Edge 820J

GARMIN ガーミン Edge エッジ 820J(本体のみ)

820からはグループライドに適した機能が追加されていきます。

GroupTrackという機能を持つサイコンを持っている仲間と接続しておけば、仲間がどのあたりを走行しているかを把握することができます。

多人数で走行する機会が多い人はGARMINのGroupTrackをみんなで利用したら千切れても安心ですね。

ライド仲間で持っている人がいるのですが…私は高くて買えません笑

GARMIN Edge 1000J

GARMIN(ガーミン) Edge1000J RedBlack 116122

こちらの機種の面白いところはGarminの持つ自転車道マップが利用できる点ですね。

車道を走行する形でも良いのですが、やはり自転車道を走行した方が安全ですし何より信号が少ないからストレスが少ないです。

ただ・・・ここまでいくのであればいっその事Edge 1030を購入していただきたい!!笑

GARMIN Edge 1030

【国内正規代理店商品】GARMIN ガーミン Edge エッジ 1030セット

全部入りです!!!

他のEdgeシリーズが持つ機能でEdge 1030にできないことなどありません!

さすが最高級機種ですね。

特に、こちらの機種で実装された「Popularity Routing」という機能はサイクリングに適したルート自動的に判別してくれるため、GARMINのルート作成機能がより一層使いやすいものに進化しています。

もはや、お金が潤沢にある人であれば迷ったらGARMIN Edge 1030を購入しておけば不満を持つことは無いでしょう。

というか、このサイコンで不満があるのであれば、これ以上のものは現状存在しないので諦めてください笑

まとめ

現在発売されている主要メーカーのGPSサイコンをご紹介しました。

普段スマホでルートログを取っている人も多いと思いますが、電池切れが怖いですし充電器を持って走るのは邪魔ですよね。

価格もピンキリ、性能もピンキリですが、あなたが必要としている機能を充足するサイコンがきっと見つかるはずですのでご検討ください。

私もGPSサイコンが欲しくて調べ回っている真っ最中で備忘としてこちらの記事を書いていますので、購入したらご報告致します!

コメント