ロードバイク初心者が服装を選ぶときに最低限気をつけるべき点

ロードバイク

ロードバイクを買って「さー乗って楽しもう!!」というあなた。素晴らしきロードバイクライフにいらっしゃいませ。

ただ、いざ乗り始めるとママチャリとは違うことがすぐに分かるため、服装に迷いますよね。

ロードレーサーのような格好は機能面から見たら完璧に考えられているのも事実ですが、、、

初心者の頃は、街中を走っているロードバイクどピチピチと体に密着した服装をするのにちょっとした抵抗感がありますよね。

私も全く同じでした笑

ロードバイクはスピードも出ますし、何よりも乗ること自体が楽しいので快適にサイクリングを楽しんでもらいたいと思います。

自分がロードバイクを乗り始めた時にどのような服装をしていたか思い出しながら、初心者の方にとって最低限押さえて欲しいポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

ロードバイク初心者時代にレーパン履くのは勇気が必要だった

思い返すと、私が初めてロードバイクを買ったのは社会人になってすぐ先輩に誘われて、前々から気になっていたので購入したことが始まりです。

残念ながらその先輩は近くに住んではいなかったので、一人でロードバイクに乗ってました。

やはり一人で走るという状態なので、どうしてもキメキメの格好をするのは恥ずかしく…

特にレーパンを履いてあのもっこりした状態で一人で乗ってるというのは非常に勇気がやりました。コンビニに行くのも結構恥ずかしいですし。

あなたが今ロードバイクデビューをして服装で悩んでいるのであれば、私も全く同じ道を歩んできております。

ロードバイクはすごいスピードも出ますし、そもそもスポーツです。

安全性や快適性をちゃんと考えないと大きな事故になったり、不快感が強くてやめてしまうということもあります。

ある程度は服装については考えた格好をした方が良いです。

考え方について纏めておりますので、是非参考にして最もご自身に合う服装でロードバイクを楽しんでください。

ロードバイク初心者が服装を選ぶ時の最低条件

何はともあれ安全性

ロードバイクは、少し慣れてくるだけでも40〜50キロといった速度が出せます。

生身の状態で転んだりしてしまうと大きな怪我につながる可能性が高いので、まずは何よりも安全性の高い格好をするというところを心がけてください。

もちろん無茶な運転をしないとか、乗り方次第という問題もありますが、どこまで気をつけていたとしても事故というのもをゼロにすることは難しいものです。

だからこそ、もしものときに備えた安全性の高い服装を選ぶことが重要です。

忘れてはならない快適性

ロードバイクを買って、すでに少しでも乗った方であればよくわかると思いますが、ロードバイクって乗るとすごい気持ちいいです。

だからこそ、ロードバイクの服装を選ぶ際も快適にロードバイクのライドが楽しめるかどうかも重要なポイントになってきます。

ロードバイクは有酸素運動ですので、ものすごい汗をかきます。

服が汗を吸って重くなった状態で走っていると汗冷えするような問題も発生するので、服装を考える時には快適性という面にもしっかりと目を向けて検討してください。

服装で快適性を損なうと、せっかくのロードバイクが面白くないですよ。

自分のロードバイク初心者時代の服装からオススメをご紹介

ヘルメットは絶対に必要

ロードバイクを購入した店舗でも言われると思いますが、まず間違いなくヘルメットは必要です。

そんなにスピード出さないし危ない運転しないから大丈夫だ〜と思っている方はまず考えを改めてください。

あなた自身が安全な運転をしていようとも、周りの車や人の飛び出しで車体のコントロールができなくなって転倒する可能性は大いにあります

もしものときに、あなたの身を守ってくれるためにもヘルメットの着用は必須です。

ヘルメットにも多くの種類がありますが、安全性という意味では値段によって大きな差はないと思ってます。

デザインとか、重量とかが大きな違いですね。最初からあまり高価なものを買う必要はないです。

ただし、ロードバイクの姿勢上、走っている間はずっと首を上にあげるような形になっているので、できるだけヘルメットの重量が軽い方が首や肩がこることが少ないです。

特に初心者の場合は、ロードバイクの姿勢に慣れてはいないので、必要な筋力がついていません。

だからこそ軽いヘルメットの重要性は高いです。とはいえ軽いものは高いのですが

私が今まで利用してきたヘルメットの中からおすすめのものをご紹介しますので参考にしてください。

一番最初に買ったヘルメットです。

値段も小慣れていて頭の形にもフィットしており非常に使いやすです。

ただ、重量が263gなので最初の頃は若干首がこります。(慣れれば平気)

初めてのヘルメットとして選んでいる人も多く、万人にオススメできる一品です。

値段は3倍近くに上がりますが、カッコイイです笑

なにより、重量が228gと軽量のため首への負担は小さいです。

海外メーカーものは日本人の頭に合わないこと等もありますが、こちらの製品は日本人の頭に合わせた製品になっております。

ただ、はじめて買うヘルメットでここまで出さなくとも…とは思います(嫉妬)

サングラスも有った方が良い

ロードバイクで走っていると、目が乾いたり/ほこりや虫がぶつかってきたり/前を走る自転車などのはね飛ばした石が飛んできてものすごいスピードでぶつかってきたりします。

そのため、目を守るという意味において、サングラスをつけて走る方が安全性が高いです。

加えて、反射などで見づらくなったり太陽に向かって走る時の眩しさを軽減できますし、自転車を乗る際に重要な路面の状況を見やすいと言った側面もあります。

注意して貰いたいのは、あくまでもロードバイクにおいて必要なサングラスはファッションではなく機能性です。

路面の状況がどんな天候でも正しく見えるようなサングラスを選ぶと長く使えますので、結果的にコスパが高くなると言えます。

スポーツサングラスといえば、OAKLEYと言っても過言ではないです。

私もずっと愛用しており5年程立ちます、非常に丈夫で壊れません。

そして、機能性という面でも非常に優れておりダウンヒル(坂を高速で下ります)においても路面状況のキャッチがしやすく安心感があります。

ヘルメットでもご紹介した、OKGのサングラスです。

これまた、最初はこれを使っていました。

使用するにおいて大きな問題は無かったのですが、黒のサングラスですと若干視界がくらs点が気になっていました。

そして、最終的には知らぬまに傷がついていたためOAKLEYに切り替えたという歴史があります。

レーパンは中に履く

ロードバイク初心者の服装として最もハードルが高いのがレーパンを履くということだと思います。

ロードバイクのサドルはママチャリなどに比べて結構硬いので、やはりをお尻に対するダメージは大きいです。

レーシングパンツは中にパッドが入っており、お尻の痛さを軽減できるので履かないというのは勿体ないです。

もしレーサーパンツを履かずに50キロぐらい走るとなると、特に初心者の時代はお尻自体もロードバイクに慣れていませんし、段差などを通る時にうまく体重を逃して衝撃を和らげるということも難しいので、確実に尻が痛くなります

なので…レーシングパンツを履いてその上にスポーツウェアなどのパンツを履いてロードバイクを乗るということを私はおこなっていました。

そうすればコンビニに入るときも恥ずかしくない

最初は安いものでも十分効果を感じられますので、まずは1着買ってみてその効果を実感しください。

レーパンの上には邪魔にならないパンツを履こう

レーシングパンツを履いてそのまま乗れるという方はそのまま乗っていただくのが一番良いです!

やはり、なかなか勇気が出ずにレーシングパンツを履かないという方もいらっしゃると思います。

だからレーパンの上には通常のパンツを履いて、恥ずかしさを軽減して乗るという形をお勧めします。

レーパンの上に履くパンツは何でもいいと言えばいいんですけれども、気をつけたいのは速乾性が高くて邪魔にならないものです。

バスケのウェアのような太いパンツはペダルを漕ぐ動作の時にサドルに引っかかったりして危険ですので、あまり遊びの少ないような形のものがオススメです。

例えばランニング用のパンツなどであれば、ある程度スリムにフィットするような形になっていますので使いやすいでしょう。

私はナイキのランニングパンツを履いて自転車に乗ってましたが、サドルに引っかかるなどのような危険なことは起きませんでした。

ただ、今選ぶならアンダーアーマーのやつですね。よりスリムなので空気抵抗も抑えられて走りやすそうです。

サイクルジャージは意外と便利

初心者でも是非とも利用していただきたいのがサイクルジャージです。

ロードバイクの姿勢上パンツのポケットに物を入れて走るのは絶対にやめたほうがいいです。

物凄い邪魔です

リュックを持つかサドルバッグを持つか、ウェアに入れるかのどれかになります。

リュックを持って走ると背中が熱いし、走りにくいので出来る限り持ちたくありません。

サドルバックを最初から購入する必要もあまり無いかなと。

そんな時に、サイクルウェアがあるとちょっとしたもの(家の鍵とか)を持って走るには非常に便利です。

サイクルウェアもピチっとしていて嫌だと思ってませんか?

実は、普通のポロシャツのような形のサイクルウェアもあります

ピチピチとした格好がまだ恥ずかしいと言う初心者の方も、サイクルウェアの機能性を十分享受できるようなサイクルウェアもあります。

まとめ

ロードバイク初心者が複数を選ぶときの注意点は以下の2点です。

第一に安全性を確保すること
第二に快適性を求めること

ピチピチのウェアを着なくとも、上記2点を満足させることはできます。

是非とも参考に ウェアを選んでロードバイクライフを満喫してください!

・・・ただ、ロードバイクに乗り慣れてくると、結局あのピチピチの状態が最も機能性が高いということに気づきます。

最終的には恥ずかしさも忘れてピチピチの格好になっていくことは間違いありません笑

私はなりましたよ!!!!

そして、ロードバイクに慣れてくると通勤でもロードバイクを利用したいという思いが芽生えてきます。

そんな人のためにロードバイク通勤歴5年の経験から注意点をまとめていますので、まずは確認してみてください。

関連記事:ロードバイクで通勤するときの注意点〜実体験より語ろう〜

コメント