ロードバイクで坂が登れない!を克服するために

ロードバイク

ロードバイクで色々なところを走り回っていると、急勾配か緩やかな勾配かはおいといて大なり小なり坂を登る機会が訪れます。

ロードバイクに乗り始めた初心者の方こそ、坂に苦手意識が強いと思います。ちなみに、私は今でも坂は大嫌いです。

ですが、いくつか基本的なことを守りさえすればスピードはおいといてロードバイクで坂を登ることができようにはなります。言ってしまえばペダルさえ回し続ければいつかは登りきれるのですから。

ここではペダルを回し続けるために必要なヒントをご紹介いたします。

1.自分のペースを守ること
2.ギアは軽めを選択する
3.たまにはダンシングも利用する
4.適度に休憩をする

関連記事>>ロードバイクにおいて筋トレはヒルクライムに効果的である

スポンサーリンク

ロードバイク初心者が坂が登れなくても仕方がない

まず大前提としてロードバイク初心者が坂に登れないのは当然と思ってください。

登れなくとも何も恥ずかしいことではありません。颯爽と坂を駆け上がっていくベテランロードバイカーもみんな通ってきた道です。

だからこそ、あなたが坂が登れないとしても恥ずかしがらないでください。遅かったとしても、何も問題はありません。

遅い!とかとやかく言ってくる人たちは昔の自分たちを忘れてしまっているだけです。

そんな人達は無視して少しずつ坂を登れるように練習していきましょう。

ロードバイクで坂を登るために気をつけること

遅くても問題ない!自分のペースを守って登る

ロードバイクで坂を登るときに無理をすると、すぐにガス欠になります。

ヒルクライムは想像以上に力を使いますし、平地と違って足を止めて惰性で進むことができないため常にペダルを回し続けます。

そんな中で無理をして走っているとすぐに体力の限界を迎えることになります。

先ずは、坂を登るときは遅い早いは考えずに自分なりのペースをしっかり守って登り切ることが重要です。

ギアは早めに軽めを選択する

基本的には、ギアは辛くなる前に軽いギアを選択します。もう辛い〜と思ってからギアを落とすと軽いギアでもペダルを回すことが辛くなっていきます。

ヒルクライムは「高ケイデンスで心拍数で登る」とよく言われておりますが、ここで言いたいのはそういう意味ではなく単純に「初心者の頃は筋力的に限界が訪れるのが早い」からです。

また、平地と違って足を止められないとは言えども一定慣性の法則は利用できるので、できるだけスピードを維持できたほうが楽にペダリングができます。

だからこそ、限界に達してスピードが急落する前にギアを軽くして回転を上げる等、できるだけ筋力に負担がかからないようにギアを調整して上げることがオススメです。

私は最初の頃は一番快適に回せてスピードが最も乗るギアを選ぶ形で選択していました。ケイデンスがどうこうとかではなく、自分の身体に聞いてギアを選択するという形で最初は十分であると考えています。

もし、最大限軽いギアを選択してもペダルを踏み切れない!という方は以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事>>ロードバイクにおいて筋トレはヒルクライムに効果的である

シッティングだけでなくダンシングも取り入れる

坂を登る時の基本的な姿勢はシッティングですが、適度にダンシングを取り入れることで利用する筋肉の部位が変わり負担を分散することができるようになります。

いわゆる休むダンシングというやつですね。

上体を前に倒し込むのではなく、上体を起こして体重を利用してペダリングをするイメージです。

って、文字で言われてもイマイチわかりにくいと思いますので、参考になりそうな動画を貼っておきます。

適度に休憩する

坂を登るのは結構辛いです。

なので、限界が訪れる前に休憩しましょう!!!

別に足をついたって良いのです。繰り返すうちに足をつかずに、早く登れるようになっていきます。

だからこそ、「坂が登れない!!」といううちは、積極的に休憩を取り入れていきましょう。

休憩しようがどうしようが登り切るという成功体験は重要です。そして何よりも、限界まで頑張るとそれ以上登れなくなります。だからこそ、適度に休憩を取り入れながらヒルクライムを楽しんでいくことが重要ですね。

まとめ

ロードバイク初心者の方が「坂が登れない!」というのは当然のことです。

そんな中でも少しでも登れるように基本的なことに気をつけながらロードバイクでは知っていれば徐々に坂を登れるようになってきますので安心してください。

少なくとも、最初は坂が嫌いすぎて、登れなさすぎてできるだけ坂がないルートを探し続けていた私でもヒルクライムイベントに参加して完走できるくらいには登れるようになっています。

改めて重要な点をまとめますね。

1.自分のペースを守ること
2.ギアは軽めを選択する
3.たまにはダンシングも利用する
4.適度に休憩をする

関連記事>>ロードバイクにおいて筋トレはヒルクライムに効果的である
関連記事>>ロードバイク初心者がヒルクライムを走りきるために基本の走り方を守ってみた

コメント