ただ読むだけでは意味が無い。効率的に情報収集するための読書術

ライフハック

仕事で情報を収集するために読書する機会は多くありますか?
仕事柄、本を用いたインプットを大量に実践してきた中で、自分なりに効率が良いと感じる読書術をご紹介します。

スポンサーリンク

仕事で本を読むときの注意点

読書が目的ではない

あなたが仕事をする上で本を読む必要性にかられたとき、どのようなことを意識して本を読んでますか?
小説を読むのであれば読書そのものが目的となり得ますが、仕事で本を読む際には小説と同じように読むのは非効率です。

読書をするために読書をしているわけではないので、”何のために本を読むの?”という点をもう一度考えてみましょう。

アウトプットを意識して本を読む

仕事上の必要性に駆られて行う読書というのは、当然、アウトプットを考える必要があります。
本に書かれている文字をただ読むだけではなく、本の内容をどのように活かすのかを意識しながら読むことが重要です。

本を読む目的によって効率的な読書方法も異なるため、後述する読書方法をご参照ください。

実際、意識しながら読まないと「なるほどなぁ~」で終わりますよ。
少なくとも私は終わってしまいますね・・・

本を読み終えたらアウトプットする

本を読み得た知識は、即座に仕事で使うか、もしくは人に説明する、自分なりに文字に起こす等をして忘れないうちにアウトプットすることを心がけてください。
本を読んでインプットしただけ、で終わってしまうとすぐに忘れてしまうので記憶を定着させるためにも即座にアウトプットすることは重要です。

パターン別読書術

パターン1:知らない分野の知識を得るための読書術

とりあえず入門書を3冊ざっと読む

私が知らない分野や業界の知識を得る際は、簡単な入門書(新書や○○入門)を3冊ほどピックアップします。
そして「ざっと」全部読みます。精読は一切せずに、ホントに斜め読みです。

もちろん、未知の分野ですから分からない単語も出てきますが、あまり気にせずに「こんな意味だろう」と文意が通るレベルで適当に理解して読み進めます。
(分からない箇所だらけなのであれば、本の選択が間違っています。門外漢でもわかるレベルの本を選んでください)
ざっと読んでいく過程で、複数の本で頻出する単語については後で意味を確認することになるので、マーキングしておきましょう。

共通して出てくる内容を把握する

入門書を3冊も読むと重複する内容が多く書かれています。
「重複しているなら無駄では?」と思われるかもしれませんが、別の著者が書いている文章で共通して出てくる要素は、その分野において基本的な重要事項であるといえます。

共通的に書かれている内容は超重要な要素として捉えて、しっかりと確認を行うようにしましょう。

キーワードをチェックする

頻出するキーワードをチェックしておきます。ざっと読む過程でマーキングしているものを確認することになりますね。
複数の著者が使っている言葉の場合、著者特有の表現ではなく広くつかわれているキーワードであり、注目すべき情報の可能性が高いです。

ざっと3冊の本を読む過程で、複数の書籍で出現した「なんとなくこんな意味だろう」として読み飛ばした単語については、しっかりと意味を確認しましょう

パターン2:解決策を探すための読書術

目次をしっかり確認する

特定の課題意識を持って読書をする場合、読書という行為を通して課題解決の糸口をつかむことが目的ですよね。
目次を見れば全体像とどこに、どのようなことが書かれているかが大体つかめますので、必ず目次から確認するようにしましょう。
全体を読むことで解決策を得るタイプの課題もあるとは思いますが、そうでもあっても目次から目を通し、必要な情報を得られる箇所を必ずチェックしましょう

最初から最後まで読みきるのは時間の無駄

目次を読んで、自分の欲しい情報が記載されている箇所を確認したら、その箇所を中心に重点的に読みこみます。
このときも、漠然と読むだけではなく自身の課題解決に繋がる内容か、どのように利用可能かを考えながら読むことが重要です。
むしろ、課題解決の場合こそアウトプットの意識が重要になってきます。

自分の置かれている状況に当てはめるとどのようになるのか?という点を考えながら読み込むことを意識しましょう。

まとめ

読書自体を目的とするのではなく手段として利用する場合、全部をつぶさに読むと効率が悪いです。
仕事柄、本を読むことが多く効率的にインプットするために意識していたことですので、あなたの参考になれば幸いです。

小説やなんとなく面白そうな本等は普通に頭からお尻までちゃんと読んでます。
小説は置いといて、面白そうなビジネス書等も全部読むにしてもアウトプットを意識して読むだけでも本から得られるものが大きく違ってくるので、
アウトプットを意識して本を読むということを実践してみてください。
おすすめ書評を書いているのは、私のアウトプットのためですし笑

コメント