おすすめプロテインシェーカーはコレだ!キモは用途によって使い分け!

筋トレ

プロテインを飲むためには必須のプロテインシェーカー。

どんなプロテインシェーカーにも良いところ悪いところがあります。

一つだけでも充分対応可能な、おすすめプロテインシェーカーをご紹介します。

が、さらに使い分けまで考えることで筋トレライフを充実させましょう!!

スポンサーリンク

プロテインを飲むならプロテインシェーカーは必須

筋トレに励んでいる皆様、プロテインはちゃんと摂取されておりますでしょうか?

普段の食事から充分なたんぱく質を摂取できればよいですが、中々難しいものです。

そんなプロテインを効率よく、かつストレスなく摂取するためにもプロテインシェーカーを効果的に利用していきましょう。

プロテインシェーカーの最も重要な点は、「溶けやすさ」です。

ダマになっているプロテインを飲むのは気持ち悪く無いですか・・・?
プロテインシェーカーを利用することで、プロテインのダマをつくることなく溶かし切ることができます。

また、ジムに行くときに持ち運びをし易いという点においてもプロテインシェーカーを利用する効果は高いです。

プロテインシェーカーには蓋がついているため、必要な量のプロテインをプロテインシェーカーに入れておき、トレーニング後に水を入れて溶かせば良いわけです。

プロテインシェーカー自体は非常に便利なので、是非とも利用いただきたいのですが色々なタイプがあります。

各タイプの特徴を捉えた上で、あなたの利用用途に適したプロテインシェーカーを選択してください!

プロテインシェーカーの種類

シンプル型プロテインシェーカー

非常にシンプルな形をしており、特にギミックがないプロテインシェーカーです。

プロテインを入れるコップ部分と蓋で構成しているようなものですね。

この、タイプの利点はシンプルであるが故に、洗う時に凄い楽なこと。

プロテインはたんぱく質の塊なので、洗い残しがあると雑菌が繁殖しやすいです。

このタイプであれば、特に意識せずとも隅々まで綺麗に洗うことができるため、洗い物が苦手な人には特にオススメです。

そして、シンプルであるがゆえに安いです。

ただし、プロテインの種類によっては若干溶けにくいものも出てきてしまいます。

氷を2個くらい入れたり、かき混ぜるための金属のボールを入れたりすれば、綺麗に溶けます。
※とは言え、やはりプロテインの種類に依存する部分は大きいです

このタイプのプロテインシェーカーは様々なメーカーから発売されているものです。

各メーカーによって多少使い勝手が異なるので、私の利用しているオススメプロテインシェーカーをご紹介します。

高機能型プロテインシェーカー

シンプル型でも電動型でもないプロテインシェーカーを高機能型として定義します。

蓋の飲みくち部分に工夫が施されていたり、プロテインをより溶けやすくするための仕組みが搭載されています。

高機能型のプロテインシェーカーは本当に色々な種類があるため、あなたが利用するときに「何が必要か?」という観点で一番しっくりくるものを選んでください。

例えば、シンプル型プロテインシェーカーでは、いまいちプロテインの溶けが悪い場合であれば、溶けやすさを追求したプロテインシェーカーを購入した方が良いでしょう。

ジムにサプリやBCAAも合わせて持っていくときに、プロテインシェーカーに全部搭載できた方が都合が良いのであれば、そういった機能をもったプロテインシェーカーを購入したほうが良いでしょう。

高機能型のプロテインシェーカーは千差万別、様々なメリットが商品によって異なるため一概にここがメリット!とは言いにくいものです。

ただ、シンプル型と比較したときのデメリットは明確です。

機能性を高めた結果、シンプル型に比べて洗う時に若干手間がかかる傾向にあります。

もちろん製品によって洗いにくさの差は当然ありますので、一概に全部が面倒とは言えませんが、飲みくちが多少変わっているだけでも、シンプル型の単純な構造に比べれば洗いにくくなってしまう点は否めません。

高機能型のプロテインシェーカーを購入される方は、機能追加によって得られる利点と、洗う際の手間を天秤にかけて選ぶように気をつけてください。

なお、私は機能性が欲しい部分もありましたので、高機能型のプロテインシェーカーを利用しておりますし、機能性を求めないシチュエーションにおいてはシンプル型のプロテインシェーカーを利用するようにしています。

このうよに用途に合わせてプロテインシェーカーを使い分けると便利ですよ。

後半で実際の使わけをご紹介します!

電動型プロテインシェーカー

電動プロテインシェーカーの最大の特徴は、なんといっても「自動でプロテインを溶かしてくれること」ですよね!

激しいトレーニングを終えたあとに、プロテインシェーカーをシェイクするのも以外と疲れるものです。

それこそ、デッドリフトをリストストラップを使わずに実施した後なんて、握力がなくなっているのでプロテインシェーカーをシェイクするときちょっと怖いですからね笑

電動プロテインシェーカーの惜しいところは、やはりお値段が若干高めになっております。

言ってしまえば小さな電動ミキサーなので当然といえば当然なのですが、他のタイプのプロテインシェーカーに比べて価格的には不利になっている点は否めません。

その分、プロテインシェーカーの肝である溶けやすさは抜群なので、悩ましいところです。

おすすめのプロテインシェーカー

おすすめシンプル型プロテインシェーカー

私が利用しているプロテインシェーカーの色違いですね。

シンプル型のプロテインシェーカーは、協賛品だったり色々なプロテインメーカーから発売されています。

このザバスのプロテインシェーカーの素晴らしい点は3つあります!

  1. 蓋がきっちりしまる
    当然ではないか?と思われるかも知れませんが、シンプル型の場合は簡単に作れるから粗悪品もあるのです…
    こちらのザバスの素晴らしいところは、蓋のネジが2回転分になっているのでシェイクしたときの安全性が高いです。
  2. 持ちやすい
    画像を見て頂くと分かりますが、胴体が微妙に細くなっています。この細くなっている部分が持ちやすさを向上させてくれており、ストレスなく持つことができます
  3. 液垂れしにくい
    シンプル型のプロテインシェーカーを選ぶときに気になる部分として、シェイク後に蓋を開けたときの液垂れ有無です。
    シンプル型のプロテインシェーカーは、構造上、飲む際に蓋を開ける必要があるので液垂れの有無は快適性に直結します

私が利用する用途におけるシンプル型プロテインシェーカーの役割を考えると、ザバスのこちらの製品が最もフィットしています。

蓋の締めやすさを重要視するならこちらがオススメです!

トレーニング後に握力が全然発揮できなくなった状態で、蓋を締め込むのは中々大変だったりします。

こちらのDNSのプロテインシェーカーであれば、持ち運び用の取っ手部分を利用して蓋を締め込み易くなっており、握力が無くなった状態でも締め込みやすいです。

私はプロテインをシェイクした後に持ち運ぶという使い方をしないので、持ち運び用の取っ手として利用することはありませんが、トレーニング後に蓋を締めやすいという点においては非常に有効ですね!

おすすめ高機能型プロテインシェーカー

高機能型プロテインシェーカーは多数存在するのですが、マイベストはこちらの製品です。

私の利用用途ですと必要な機能を全て搭載してくれているプロテインシェーカーです!

  1. 溶けやすい
    写真をご覧頂くと金属のボールがついているのがわかると思います。
    こちらのボールを入れてシェイクすることで、プロテインがダマにならずにキレイに溶けるようになります。
    また、溶けやすくするための工夫としてネット型のギミックがついているものに比べて、洗いやすいという点も大きなポイントですね。
  2. プロテイン以外を持ち運べる
    ジムに行くときにプロテイン以外を持ち運ぶ際に便利なケースが付属しています。
    このケースの素晴らしい点が、ケース毎に蓋がついている部分です。
    他の製品にもケースが付いているものは多数あるのですが、意外とケースに蓋が付いているものは少ないです。
    後半でお話する使い分け方をする場合、ケースに蓋がついていることは大きなメリットになります。
  3. 飲みやすい
    飲みやすいです。シンプル型に比べて、飲みくちが加工されているのがおわかりでしょうか?
    この飲みくちの作りが絶妙で、非常にプロテインが飲みやすいんです!

プロテイン以外を持ち運ぶ必要はない・・・という方にはこちらもオススメです。

上記プロテインシェーカーから、ケースを取り外したものになっておりますので、基本的な特徴は一致しております。

このタイプの場合、容量が色々と発売されていますので、あなたの用途にあった量を選択してください!

おすすめ電動型プロテインシェーカー

電動プロテインシェーカーで気になる製品がこちら。

スクリュー型で水流を起こすことによって、きっちりと溶けると評判です。

私自身が利用していないので、細かい使用感をお伝えできなくて恐縮ですが・・・

友人が利用しているのを見ている限り、少なくともプロテインシェーカーの溶けやすさや、お手軽さは間違いないです。

家からジムに行く時であれば是非とも欲しい一品です。

プロテインシェーカー使い分けのススメ

さて色々とプロテインシェーカーをご紹介しましたが、筋トレライフを充実されるためにはプロテインシェーカーを使い分けることをオススメします。

実際に私が使い分けている方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

家でプロテインを飲むときはシンプル型プロテインシェーカー

筋トレを行った日に限らず、プロテインを摂取しますよね?

そんなときは手軽に洗えるシンプル型を利用しています。

溶けにくいなぁーダマになるなぁーという型は、氷を1,2個入れてシェイクすれば溶けやすくなるためおすすめです。

プロテインを飲んだ後に手間が係るのも嫌なので、特に持ち運びやギミックを必要としない、家でのプロテイン摂取にはシンプル型のプロテインシェーカーを利用するようにしています。

会社帰りにジムに行く時は高機能型プロテインシェーカー

私は休日もジムに行きますが、会社帰りにジムに行くことの方が多いです。

そのため、トレーニング前にしっかりとエネルギー補給ができない場合もありますのでBCAAを持って行く必要があります。

通常、会社帰りにジムに行く時には以下のセットを持ち運ぶため、ケース付のプロテインシェーカーが重宝するわけですね。

  • トレーニング前に摂取する用のBCAA → ボトルに入れる
  • トレーニン中に摂取する用のBCAA → ケース1に入れる
  • トレーニング後に摂取する用のプロテイン → ケース2に入れる

満足にエネルギー補給ができない場合、トレーニン中にも継続してBCAAを摂取したいためプロテインシェーカーを持ち歩くことになります。

そのため、プロテインの入っているケースをプロテインシェーカーに付けたまま行動すると邪魔になるので、蓋付ケースがあるプロテインシェーカーが必要になってくるということです。

プロテインシェーカーは自分に合った用途で選びましょう

各種色々と存在しているプロテインシェーカーですが、重要なのはご自身の利用方法にあったプロテインシェーカーを利用することです。

特に高機能型のプロテインシェーカーは多機能であれば良いというわけではなく、自分が必要としている機能を見極めて購入しましょう。

そうしないと、洗うのが面倒くさいですよ笑

定番プロテインOptimum Nutrition ゴールドスタンダードはやはりオススメ
   筋トレする人には必須のプロテインですが、種類も豊富で何を選べば良いのか分からないですよね。 海外産のプロテインの方がオススメという話も聞くものの、不安…ということもあると思います。 そんな貴方にオススメなのはOptimum Nu...
【レビュー】Muscletech Nitro Techプロテインを飲んだ感想
筋トレに欠かせないプロテインですが、本当に様々な製品が発売されています。 成分は成分表をみればわかるのですが、味について気になっている方は非常に多いのではないでしょうか?特に、プロテインは基本的に日本製の製品よりも外国製の製品の方がコスパ...

コメント