本を読むなら紙?電子書籍?「どちらも良い点を活かして使い分け」が最強

ライフハック

本を読むなら、電子書籍?紙?どちらが優れた方法であるか、賛否両論ありますよね。

結論からいうと紙、電子書籍どっちも良い点があり、悪い点があります。

元々、本を読むなら紙だろうと思っていた私が電子書籍をフル活用になっているわけで、電子書籍の利点を把握して快適な読書ライフを満喫してください。

スポンサーリンク

先ずは紙の本と電子書籍の特徴を抑えよう

紙の本の特徴

紙の良い点

長期保存ができる

紙の本における最も重要な点は、長期保存が可能なことです。

少なくとも、よっぽど保存状態が悪くない限り人間の人生が終えるくらいの年月では読めなくなるということはありません

折に触れて「何度も読み返しておきたい」と思える本があるのであれば紙で購入しておけば常に手元においておくことができます。

フリーにメモを書き込める

ペンさえあれば自由にメモを書き込めます

線を引くこともできますし、余白に自分の考えを書くことも自由です。

一切のストレスなくメモをするという行為を行うことができます。

人に貸す・譲ることができる

物理的に保持しているので、人に貸したり譲ることも可能です。

本当に素晴らしい本に出会ったときには、他の人にも共有したいと思うものですからね。

不要になった本も、中古で販売することができるのは大きなメリットです。

中古があれば安く購入できる

Book Off等々の中古書店へ行けばお安く入手できます

特に新品にこだわるわけではなければ、中古で購入した方が経済的にお得ですしね。

その昔100円で買った本がすごい勉強になったこともあります。

本一冊の値段は気にならなくとも、何冊も購入するようになると塵も積もれば山となる・・・ばかにならない支出になりますからね。

紙の悪い点

保管場所が必要になる

個人的に一番の悪い点がこちら。

仕方がないものではありますが、どうしても保管しておく場所が必要なんですよね。

これが地味にキツイ・・・

特に本をよく読む人であれば一年もあれば部屋の大半は本で埋め尽くされますよ。

東京のワンルームで生活をしている人などであれば、スペース確保は死活問題ですからね。

購入場所が限られる

紙の本を購入するためには書店に行かなければなりません。

ネット通販で購入することもできますが、購入してすぐに届くわけではないです。

やはり、すぐに読みたい時には本屋に出向く必要があります。

ただ、偶然の出会いをするためには本屋をふらつくことがオススメなので一概にデメリットとして捉えるのは違うかもしれませんね。

電子書籍の特徴

電子書籍の良い点

保存に困らない

なんといってもここが最も優れた利点だと捉えています。

デバイスさえあれば全ての本が収納できます

デバイス容量の問題で入りきらない本はクラウドにおいておけば良いという便利さ。

ネットワーク通信さえ確保できればすぐにクラウドからでもダウンロードができます。

どこに居ても購入できる

電子書籍サービスに接続できる環境があれば、どこに居ても購入できます

電車の中で気になる広告を見かけて、即座に購入することも可能です。

後で購入しよう・・・と思ってもなかなか買わなかったりするものですからね。

本は投資に値するお金の遣い方と捉えているので、気になったら即購入するわたさし

新刊の場合、紙に比べて安く購入できる

Amazon Kindleの場合だけなのかもしれませんが、新刊でも電子書籍のほうが安く購入できます

10%Offとかで購入することもザラなので、月に10冊も購入すれば1冊分のお金は確保できるくらいです。

リアル書店の方には申し訳ないですが、消費者としてこの利点は非常に大きいと言わざるを得ません。

電子書籍の悪い点

電子書籍サービス終了の危険性

一番怖いのが、突然のサービス終了です。

紙の本であれば完全に自分の手元にあるため、無くさない限りは読むことが出来ます。

ただ、電子書籍の場合は利用サービスが停止された際にコンテンツを利用し続けることができるという保障はどこにもありません

電子書籍を購入する人はこの点を正しく認識しておくべきだと思います。

人に貸せない・譲渡できない

アカウント共有しているなら別ですが・・・それは基本的にNGです。

電子書籍というのは他人に貸すことを想定しておらず、どんなに人に勧めたくとも貸してあげることができないです。

本の貸し借りを通じて新しい興味が沸くこともあるので少し寂しいですね。

メモがとりにくい

個人的に結構痛いのがこちらです。

線を引くということはできますが、メモを取ることが面倒です。

紙と違ってメモを取るためのステップが多いため、メモしなくていいか・・・という状態になります。

これは私が面倒くさがりなだけかもしれませんけど。

重要なのは紙と電子書籍の使い分け

1.保存するなら紙を選ぶべき

生涯を通して保存しておく、繰り返し繰り返し読む、というつもりなら紙での購入に限ります。

先ほどお伝えしたとおり、電子書籍はサービス終了のリスクがあるため、いつまでも手元に持っていたいのであれば紙で購入しておくべきです。

2.持ち運ぶなら電子書籍を選ぶべき

電子書籍を試してみて一番感動したのが持ち運びです。

タブレットを利用して電子書籍を読んでいるのですが、本と違って軽い・薄いという状態なのでストレスフリーです。

特にハードカバーの本における電子書籍を利用した持ち運びの容易さは味わってみて欲しいです。

3.安く買いたいときはケースバイケース

これはどっちもかな~ということろですね。

中古で購入できるならば紙でしょうし、新刊ならば電子書籍ですね。

中古書店で探す手間賃を考えたら電子書籍で購入した方が良い気もしますけどね。

4.どや顔したければ紙

難しそうな本を読んで頭よさそうに思われたい・・・という願望があれば紙の本を読むとよいのではないでしょうか。

スタバでMACでドヤ顔という言葉があるくらいなので、一定の需要はあるでしょう。

5.はやりモノなら電子書籍でさらっと抑える

はやりものを読むときは電子書籍で要点だけさらっと抑えることをオススメします。

中古が出るまでまつくらいなら、若干安く購入できる電子書籍で一通り内容を把握しておくだけでも、時代の波に乗り遅れることはないですよ。

社会人でクライアントビジネスをしている人であれば、わざわざ書店に買いに行くよりも電子書籍で購入して通勤中にでも要点を抑えておけばクライアントとの会話にもついていけます。

まとめ:紙と電子書籍の使い分けが最強

紙の本にも電子書籍にも良いところはあります。

重要なのは用途に合わせた使い分けです。

私の場合は、基本的に電子書籍で購入しています。

この本はずっと置いておきたい、繰り替えし読む、となった本だけ改めて紙で購入するようにしています。

一見ムダに見えるかも知れませんが、自分の中では最も効率が良い方法です。

 

コメント