オートミールの簡単な調理方法をご紹介しましょう

ライフハック

オートミールを食べよう!と思ったときに、どのように調理すれば良いの・・・?もっと簡単に食べる方法はないの・・・?と思われる方も多いと思います。

アメリカ人が食べるようなヨーグルトとフルーツをぶち込んで蜂蜜を垂らしてミキサーで混ぜる!という調理方法でも良いのですが…

洗い物面倒くさくないですか?

私がおすすめするのは、日本人だからこそ口に合う食べ方に最適化した調理方法をご紹介します。

どんな食べ方?という方は、まずは関連記事をご確認ください

関連記事:オートミールがまずいと思うのは誰でも美味しく食べれる方法を知らないだけである

スポンサーリンク

オートミールの簡単な調理方法において重視するポイント

今回ご紹介する調理方法は以下に面倒な工程を省くかを重視しています。

つまり、気にするポイントは以下の3点です!

・できるだけ手間をかけない
・できるだけ時間をかけない
・できるだけ洗い物を増やさない

忙しい朝にサクッと作って食べることを重視しているので、この3点は非常に重要な要素です。

わざわざ朝に時間使って、洗い物パラダイスに突入したいかたはオートミールに限らず身体に良い食品はたくさんありますので、選択肢を広げた方がよいですよ。

あくまでも、お手軽簡単で面倒くさがりな私でもストレスにならないが、それなりに美味しく食べるための調理方法をご紹介しています。

オートミールの簡単な厳選調理方法2つご紹介

まず前提として、以下の記事に書いている食べ方をする方に向けてご紹介しているので、それ意外の食べ方をする方には適さない可能性が高いです。

ご紹介している食べ方で重要なのは、如何に簡単にオートミールをふやかした状態にするべきか?です。

ポッドでお湯を沸かしオートミールに注いで放置

まずは一つ目です。

具体的な手順からご説明いたします。

1.電気ケトルでお湯を沸騰するまで沸かす
2.器に食べたい分のオートミールを入れる
3.お茶漬けのもとをオートミールにかける
4.オートミールの表面がギリギリ隠れるくらいまでお湯を注ぐ
5.好きな柔らかさになるまで待つ
簡単ですね。
この調理方法をオートミールを食べる時の注意点はステップ4に書いてあるオートミールにお湯を注ぐ分量です。
 
お湯の量が多すぎると、スープみたいな状態になってしまうので「食事を食べた」実感が薄れます。意外に重要なので気をつけてください。
 
また、あえて電気ケトルでお湯を沸かすとしていますが、ヤカンでお湯を沸かすよりも早くお湯を沸かせるのでおすすめです。
 
電気ケトルは利用用途が豊富なので、持っていない方は是非とも手に入れた方が良いですよ。
 

オートミールに水を注いでレンジでチン

次は二つ目です。

具体的な手順からご説明いたします。

1.器に食べたい分量だけオートミールを入れる
2.オートミールの表面から5mm〜1cmくらい多く水を入れる
3.レンジで600Wに設定し1分30秒レンチンする
4.お茶漬けのもとをふりかける
5.かき混ぜる
以上です。こちらの方が簡単ですね。
 
この調理方法で重要な点も同じく水の分量です。

先程のお湯を注ぐパターンに比べて若干多めに水を入れることになります。

何故かというと、レンチンパターンでは水の量が少ないと表面部分の水が蒸発しまい柔らかさが失われるからです。

では、ラップをすれば良いのでは?と思われるかもしれませんが…

ラップをかけてレンチンするとオートミール分量・水の分量に気を使わないとレンジ内で吹き出してきて余計な手間が増えます

それに、ラップをかけるという一手間すら面倒なので、そんなことをしなくても水の分量で調整できるこちらの方法の方が簡単です。

なお、お湯を注ぐパターンに比べてより短時間で調理可能ですが、非常に柔らかい出来上がりになりますので硬めが良いという方はお湯を注ぐ方法を選ぶことをおすすめします。

逆におかゆみたいに食べたいのであれば、手間・時間の観点からもレンチン調理方法がおすすめですね。

私は、基本的に朝ごはんで食べるときはこちらの方法で食べています。

まとめ

オートミールを簡単に調理するためには、味付けの方法に合った適切な手段を選ぶことが重要です。

朝の忙しい時間だからこそ、如何にして簡単・短時間・手間無しで調理できるかは考えたいところですね。

しかも、まずいと思われているオートミールであっても美味しく食べる方法はありますので、是非とも健康に良いと言われるオートミールを美味しく召し上がって下さい。

アメリカンな食べ方ではなく、日本的な味付けが良いという方に関しては是非とも以下の記事をご確認ください。
今回の記事はあくまでも以下の記事で書いている食べ方をするに当たって最適化した調理方法をご紹介しているので是非ともチェックしてみてくださいね。
関連記事:オートミールがまずいと思うのは誰でも美味しく食べれる方法を知らないだけである

コメント