お金を増やすコツはお金の使い方を3分類で考えることにあり

ライフハック

お金持ちになりたいです。本当に。

さて、皆さんは裕福でお金に不自由しない人生を送っていらっしゃいますでしょうか?

年金受給タイミングを遅くなり続けており、中々人生においてお金に困ってないという人は少ないのではないでしょうか。

残念ながら多くはないお金を有効に使うために、どのようにするべきか?を考えていきます。

スポンサーリンク

お金の使い方を3分類に整理する

使い方1:浪費

浪費とは「支払った金額 > 返ってくる価値」となる支出です。

簡単にいうとムダ遣いですね。

一応補足しますと「返ってくる価値」というのは将来にわたって、支出した金額未満の価値しか返ってこないものをさします。

例えば、

ついつい勢いで買ってしまった衝動買いの物品、見栄やハッタリのためだけに購入したブランド品、何も得るもののない飲み会費用、ギャンブルに使ったお金…etc

挙げるとキリがないですが「自分にとって本当に必要なの?」と問われたときに意味のある必要な理由を説明できないものは浪費です。

あ、「欲しかったから」とかは理由になりませんからね。回答になっていませんし。

使い方2:消費

消費とは「支払った金額 = 返ってくる価値」となる支出です。

これは資本主義社会で生きていく上では、どうしようもない最低限の支出をさしています。

例えば、

家賃、光熱費、水道代、スマホ利用料、服の代金、食費..etc

ただ注意して欲しいのは、消費も度が過ぎると浪費になります。

それこそ、毎日松坂牛を食べています。とかであれば、それは浪費だろうと言いたい。

毎日松坂牛を食べなければならない差し迫った理由があるのなら別でしょうが、大多数の人にとっては浪費です。

使い方3:投資

投資とは「支払った金額 > 将来的に返ってくる価値」となる支出です。

重要なのでもう一度「将来的に返ってくる価値」です。

お金を使ったタイミングでは価値が返ってこなくとも、将来的にみて価値が返ってくると思われる支出は投資として捉えます。

例えば、

株式投資、資格取得のための費用、本、体調管理の為のジム、ストレス発散のためのレストランでの食事代…etc

ここであえて、「ストランでの食事代」を挙げていますが、本当にストレス発散になるのであれば長い目で見て病気になる確率を下げる方が価値が高いからです。

このように、将来的に返ってくる価値まで捉えることがお金を使う上で重要になってきます。

3分類を利用したお金の使い方見直しSTEP

STEP1:最適な配分を考える

一般的に、浪費・消費・投資の配分は以下のように言われています。

浪費・・・5%

消費・・・25%

投資・・・70%

あくまでもこれは一般論です。

大学生、独身社会人、既婚者、子供の居る家庭、等々皆さんの置かれている状況は異なると思います。

あくまでも目安として捉えて、自分の最適な配分を探っていきましょう。

例えば、若い人であればキャリアアップにつながる支出は、将来的に返ってくる価値が長期間続くため、費用対効果の面において有利となる投資に多めに割くという判断も必要です。

ただし、浪費・・・5%については上限として捉え、これ以上増やさないでください。
いっそのこと0%にできるならした方が良いです。(ただねぇ・・・正直言って、浪費0%にすることは困難です笑)

STEP2:現状を把握する

家計簿をつけましょう。

もはやこれが全てです。

既に家計簿をつけている人は、費目をわけてますよね?食費、光熱費、とか。

各費目が「浪費・消費・投資」のどれに当たるものかを整理して、振り分けてください。

家計簿をつけていない人は、本当は支出の費目単位で分けることが理想なのですが、、、面倒であれば、先ずは「浪費・消費・投資」の3分類で切り分けても良いですので、家計簿をつけましょう。

重要なのは家計簿をつけることを習慣化して、現状把握ができる環境を作ることです。

さて、家計簿を利用して「浪費・消費・投資」の3分類を行いましたか?

ちゃんとやってくださいね。

「浪費・消費・投資」の3分類で支出を把握する意識を持つことが最も重要なことですので。

そうしないと、お金を使うときにも意識することができませんよ。

STEP3:日々見直しを行う

STEP2で家計簿をつけているので、自分の支出状況は明らかになっています。

目標としている配分比率を守れていないのであれば、お金の遣い方を見直すべきです。

それだけではなくてですね、最適な配分比率自体も状況に合わせて見直しましょう。

STEP1で説明したとおり、各人の置かれている環境によって、最適な配分比率は異なります。

一般的な比率をベースにしながらも、自分の置かれている環境にあわせて柔軟な変更を行っていくことが大切です。

目標がずれていたら、結局求める結果は得られませんからね。

まとめ

自分自身、完全に実行できているわけではありませんが、非常に重要な考え方です。

投資に回すお金が少ないと、ずっとジリ貧です。

「お金では幸せは買えない」という言葉は真理だと思いますし、お金だけが全てではありません。

ただ、多くの人にとっては「幸せになるにはお金も必要」ということもまた真理ではないでしょうか。

 

コメント