会社を辞めたいなら辞めよう。ただその前に準備した方が良い

仕事・転職

会社が嫌だな〜辞めたいなぁ〜と思ったら辞めてしまえば良いです。

最近は売り手市場になっており、転職をしようと思えばいろんな求人が世の中に出回っています。

起業やフリーランスという選択肢もとりやすい土壌が整ってきています。

ただ、いきおいで会社を辞める前に少しだけ考えた方が良いことあります。

一番最初の転職をした時の自分に対して伝えたい内容なのですが、もはや昔には戻れないので同じ道を歩む人が一人でも減れば嬉しいです。

スポンサーリンク

会社を辞めたい理由がどこにあるかで行動が変わる

ブラック企業ならさっさと辞めるべき

もし貴方が現在努めている会社がブラック企業なのであれば、すぐに辞めてしまうべきです。貴方の人生、貴方の命、貴方の身体以上に大事なものなんか他人が経営者の会社にはありません

ブラック企業に勤めていて、精神的に追い込まれているのであれば、転職活動をしてからとか考えることなく、さっさと会社を辞めて時間と心の平穏をつくった方が長期的に見て良い結果になる可能性が高いです。

後述する部分にも繋がるのですが、余裕のない状況でとりあえずどこでも良いから転職しようという考え方は中々良い結果に結びつきにくいものです。

目標持って辞めるなら一旦考えよう

もし貴方が何らの目標を持っており、辞めようと考えているのであれば、辞める前の準備には気を配った方が良いです。

特にフリーランスになるとか、起業するとかではなく転職を考えているのであれば、今の会社にいる間にいくつか考えておくべきでしょう。

私自身、2回転職をしていますが1回目の転職は正直失敗でした。だからこそ、貴方が同じ道を歩まないようにしてもらいたいです。

ここから先は、1回目の転職を控えた自分に対して伝えてあげたかったですね。

会社を辞める前に「辞めた後に何をしたいのか」を考えた方が良い

大前提、会社を辞めること自体は全くネガティブに捉えてないです。

ただ、特に転職をする場合は「なぜ会社を辞めたいのか?」を考えることなく会社を辞めることには否定的な考え方を持っています。

なぜなら、結局転職した後にも後悔する可能性が高いから。

私がそうだっただけかもしれませんが、転職することによって何を得たいのか?という部分をちゃんと考えておくことは転職活動を始める段階で考えておくべきです。

最初に入社した時の理由を思い出そう

今の会社に入社を決めた理由覚えてますか?

時間が経ち多くの経験を積んだ結果、考え方は変わっているでしょう。ですが、もし元々は熱い想いをもって今の会社に入社したのであれば、今一度その想いを思い出してみてください。

別に思い出したから会社を辞めるべきではないとか言うつもりは微塵もありません。

ただ、とりあえず「何だったっけ?」と考えてみてください

最初の入社動機からの変化はあるのか?

最初の入社動機を考えてくれたのかは分かりませんが・・・入社した当初から変化はありましたでしょうか?

もし変わっていないのであれば一貫していて素晴らしいですね。

変わっていたとしても、色々と経験しているので当然変わるでしょう。

重要なのは入社動機から変化があったかどうかではなく、「何故この会社に入ろうと思ったのか?」というところを改めて考えてみるということです。

会社を辞めて転職をするにせよ、フリーランスになるにせよ、起業するにせよ、根源的には「どういう形で自分の人生送りたいの?」ってところなので。

ちなみに、私が新卒で入社した会社の入社理由は「給料が内定の中で一番高いから」という理由でした。当時は自分の中で金の優先順位が最も高かったというだけですね。

今の会社では実現できないのか?

先程考えてもらった入社動機ですが、今の会社で実現できそうでしょうか?

できるのであれば、無理に会社を辞める必要も無い・・・と言いたいのですが、個人的にはもっと実現しやすそうなところがあるならば、会社辞めてその道を進んだほうが良いと思っています。

時間は有限なわけで、無理して遠回りしなくてもよくない?という考え方です。

入社動機が変わっている人や、そもそも私みたく崇高な想いもなく入っているのであれば今の会社に残り続ける理由は無いです。他に良い方法があるなら辞めましょう。

辞める前に仕事に求めるものをちゃんと明確にしよう

ここからは、転職を考える時の話になるので「起業だ!」という方はそっとお閉じください。

転職活動をするときに、最初に考えておいた方が良いことがあります。

それは「仕事に何を求めるのか?」です。

給料?やりがい?ワークライフバランス?社風?…色々と軸はあるでしょうが、残念ながらすべてを満たす会社というのは少ないです。

だからこそ、「自分が何を重要視しており、最低限のラインはどこなのか?」というのを整理しておくことは重要です。

これがないと、最終的に判断を間違ってしまい「転職失敗したなぁ」という状態になる可能性があります。

「仕事に何を求めるのか?」が明確な人ほど後の工程が楽になります。

転職活動は情報戦であると心得えよう

入社前に把握している情報量で納得感は変わる

はっきり言って、転職は情報戦です。新卒の就活の時を思い出してほしいのですが、大量の会社を受けていて一つ一つの起業の研究も全然できなかったですよね。

そら、就職してから不満も出ますよね。新卒至上主義はなんとかならんのか…って話がそれました。

転職活動において満足感を得るためにも、企業情報を収集することは非常に重要となってきます。

どのように企業情報を収集するかと言うと、一番効率が良いのは転職エージェントを活用することです。

彼らは企業と貴方をマッチングすることで報酬ももらうビジネスモデルとなっており、多くの企業を保持しています。自分で探すよりも圧倒的に効率よく情報を収集することが可能となります。

転職エージェントから情報を引き出すことが重要

転職エージェントは黙っていたら色々な情報をくれるわけではありません。

先にお伝えした通り「企業と貴方をマッチングすることで報酬ももらうビジネスモデル」なので、貴方が転職熱量が高い優良顧客であることを印象づける必要があります。

どうするかですか?簡単です、「積極的に質問をしていろんな情報を知りたがる」ことです。

転職をするにあたって必要な情報収集をしっかりと行っていくことによって、転職エージェント側には熱量の高い優良顧客であると認知してもえます。なぜなら、転職する気が無かったら質問しないですからね。

だからこそ、会社を辞めたいと思ったら転職エージェントを利用して情報収集を積極的に行っていきましょう。そうすることで、転職活動の満足度は大きく向上します。

また、先程の「仕事に何を求めるのか?」を一瞬考えてみて出てこないなら転職エージェントと早く話をした方がよいです。自分の軸を決めるためにも求人市場における企業情報を知ることは非常に有意義です。

転職エージェントは数多くありますが、特定業界への志望等が定まっていない人の場合は幅広い求人を取り扱っているエージェントを利用することをおすすめします。

たとえば、私はDODAを活用してました。

まとめ

初めて転職をした頃の自分にも伝えたかった内容なのですが、会社を辞めたいと思うなら辞めてしまえば良いです。

ただ、転職をするのであればしっかりと情報収集を行って、自分の判断軸を持って後悔しない決断をしてください。

なんだかんがゆって転職活動って結構疲れるので、できれば何度も繰り返したくはないというのが本音ではあります。

貴方が会社を辞めて何をするつもりかは分かりませんが、最後まで読んでくれているということは転職をするつもりだと思います。是非とも後悔をしない転職を行ってください。

コメント