おすすめのフィットネスジムはこの4点を抑えたジムだ!

筋トレ

運動したい!自宅筋トレ飽きてきた!とりあえず一念発起してジム通おう!と、色々な理由でフィットネスジムに通うことを決意する方々がいらっしゃると思います。

初めの一歩を踏み出すことは凄い大変なのですが、せっかく踏み出したのにすぐに転んでしまっては勿体ないです。だからこそ、ジムに通うという決断のまま通い続けるためにも、あなたにとって最適はジムを探しましょう!

スポンサーリンク

 他人のおすすめのジム≠あなたにおすすめのジム

まず注意して欲しいのですが、友人や同僚の人たちのオススメするジムがあなたにとって通い続けることができる最適なジムとは限りません

オススメのジムを紹介してくれる周囲の方々のご好意は非常にありがたいのですが、人それぞれ置かれている環境が異ります。だからこそ、個人個人で最適解も異なるので、”my best”を選ぶようにしてください。

ここで選択を誤ると、最初こそ「やるぞ!」という気持ちで通えるのですが、途中で挫折します。抑えるべきポイントを抑えた上で自分にとって最適なジムを選ぶように気をつけてください。

おすすめジムを選ぶために抑えるべき4点

1.何はともあれ最重要なのは”場所”だ

自分が通う姿を想像してください。
仕事帰り?家から行く?と、色々なパターンが想定できますよね?

いざジムに!という気持ちは抑えて、現実的に生活習慣に組み込んだ場合に、どこからジムに向かうかをちゃんと考えてください。

実際、筋トレをする気分が上がらなくともジムに行ってしまえばやる気になって、いい汗かいたわ~ってなりますよ。

ですが、、ジムに行くまでが大変なんですよ。
だからこそ、自分が通う姿を想像した上で最も通いやすい場所を選んでください。

どれだけ他人からオススメされようとも片道1時間かかるジムに通い続ける気力ありますか?ましてや、通い続けられるかも分からない状態なのにも関わらず。
私であれば、1回目からいきませんね。。。

2. 行きたい!を逃さない。営業時間に注意

ジムに通うタイミングは人それぞれですが、自分がジムに筋トレをやりに行くタイミングがいつかを考えてください。

朝?仕事帰り?昼休憩中?人それぞれ行けるタイミングはことなるでしょう。

それこそ、営業時間が短い場合、自宅近辺のジムならちょっと残業してたら閉まりますよ

せっかく行こう!という気持ちになったときを逃さないためにも、ムに行きたくなるタイミングを逃さない営業時間のジムを選択するようにしましょう。

3. 背に腹は変えられぬ。費用の問題

シンプルに金です。

ジムって大体月額会員制なんですよね。もちろん、公共のスポーツセンターですとか、ワンタイム費用払うジムもありますが、大体は月額制です。

要するに固定費なんですよ。
支出において削減効果が高いのも固定費なんですよねー

ということで、できるだけ財布へのダメージを減らすためにも「いくらだせる?」は収入と勘案してご検討ください。

4. 行きたいと思えるか?雰囲気や清潔感も重要

 

マシンやフリーウェイトの設備は、自分の望むトレーニングができるのか?という点において当然気にするべきです。

トイレやシャワー、ロッカールームといった設備の清潔感も重要です。汗だくになったあとのシャワーが汚かったら、せっかく盛り上がった気分も台無しですよ。本当に。

ジムにいる人たちの雰囲気も意外に重要です。しゃべってばかりで、ず~っと使いもしないくせに器具を占領している輩とかいますからね。「何しに来てんだよ」ってやつ。気分よく筋トレをするためにも、マナーの良い会員の方々が利用しているジムが良いですね!

ジムに行ったら「筋トレきつかったけど、すっきりした~」という感情を持ったまま帰路につけるか?というのも通い続けていくためには気にするべきポイントとして重要ですよ。

まとめ

せっかくの覚悟をムダにしないためにも、あなたにぴったりのジムを選らんでくださいね!

初めの一歩を踏み出すことは偉大だけれでも、続けることが重要です!

ちなみに、私の場合は24時間営業のジムがあらゆる面でぴったりでしたね。

フィットネスジムを続けるためには24時間営業がオススメな3つの理由
突然ですが、皆さん筋トレしてますか?ジムに通ってますか? 今年の夏こそ!と思い立ってジムに入会したものの、結局サボって行っていないみたいなオチになっていませんか? 社会人であれば、平日は仕事も忙しいですし休日は家事に趣味に忙しいため、...

コメント