苦手を克服!心理学でコミュニケーションを円滑に

コミュニケーションライフハック

初対面の方と中々打ち解けられないことありませんか?

人間関係を築くのが苦手だな、と感じていませんか?

仕事でも、プライベートでも人とコミュニケーションをとり、円滑な関係を気づいていくことは非常に重要ですよね。
ちょっと意識すれば、効果的なコミュニケーションがとれるようになるかもしませんので、普段のコミュニケーションで意識してみてください。

スポンサーリンク

ミラーリング効果を利用してみよう

ミラーリング効果とは、好意・好感を持っている相手の言動や仕草を無意識に真似してしまう効果です。

例えば、仲の良いカップルや夫婦の場合、どことなく似ているところがありますよね?
あなたも、好きな人や尊敬する人の言動や仕草を無意識に真似しているかもしれません。

逆に、相手が好意を感じていると思わせるために”意識して”真似をしてみましょう。
この効果をうまく利用することで、相手に好感を持ってもらえる可能性が上がりますので、利用してみましょう。

ミラーリング効果の実践方法

まず、コミュニケーションをとりたい相手の方を興味を持って観察してください。
そもそも、ミラーリング効果を含む心理学的効果も重要ですが、相手の方に対する関心がコミュニケーションを円滑にする際の秘訣です。

一般的にミラーリング効果で得られる効用は以下のようなものがあります。

  • 好感を持たれる
  • 仲間意識を持たれる
  • 尊敬の念を持たれる
  • 安心感を持たれる

人は「自分と似ているかも?」という人には色々と良いフィルターをかける傾向にありますので、相手に寄り添う気持ちを持って実践してください。

では、ちょっとパターン別に実践方法を考えてみましょう。

気になるあの子とのデート

気になるあの子とデートにこぎ着け、おしゃれなレストランでディナーを楽しんでいる姿を想像してください。
いっそ、合コンの席でもいいです笑

このシチュエーションで一番簡単なやり方は、「同じタイミングでグラスに口をつける」ですかね。

ディナーにせよ、合コンの席にせよ、グラスからお酒なりを飲む行為自体は自然な行為です。
相手の方の特徴的な行為を真似すると嫌がられる可能性もありますので、その場において自然な行為を”同時に”行うことで親和性を高めてみましょう。

大事なミーティングの席

仕事において成功を左右するような重要な席で、相手は殆ど会ったことがない重役…みたいなこともあると思います。
そんなときも、少しでも好感を持ってもらった方がうまくいく可能性は高まります。

このシチュエーションですと、中々真似するような動作が見つけられないかもしれませんが、例えば、「手を組む」という動作や、「頭を触る」という何気ない動作を真似してみましょう。
もしくは、相手の方の発言を一部真似することも有効ですね。

常時微動だにせず話をする方は稀であると思いますので、何かしらの動作には合わせていけると思います。

ただし、あくまでも仕事の場ですので、相手の”独特なクセ”を真似すると反感を買うことになりかねないので、そこはお気をつけ下さい。

利用上の注意点

あくまでもコミュニケーションは相手への関心

コミュニケーションにおいて重要なのは、何をおいても「相手への関心」です。
ミラーリング効果を利用しようとして、「相手の話している内容を聞いていない」みたいなことにならないように気をつけてください。

過度に実施しない

ミラーリング効果は簡単に利用できるものですが、過度な利用はやめてください。

自分の動作をすべて真似られるって気持ち悪くないですか?さり気なく、相手が気づかない範囲でやることに意味がありますので、「完全に同期」みたいな状況にはならないようにしてください。

まとめ

相手の動作などを真似するだけですが、普段から初対面の人と多く会う機会があったり、コミュニケーションで困っている/苦手意識がある、という方は試しに実践してみてください。

明日からでも試せる簡単なものですので、是非とも普段のコミュニケーションにプラスして円滑なコミュニケーションを構築してくださいね。

コメント