ランニングタイツ(c3fit)で筋肉痛を軽減!?

ランニング

忙しい合間を縫って運動をしているものの、翌日に疲労が残ってしまい仕事に支障が…ということありませんか?

特にランニングの場合は、下半身への衝撃が強く足の筋肉痛になりやすいです。

最初の頃であれば、ふくらはぎと太ももが辛くなってくるでしょうね。

そんなあなたは、ランニングタイツとしてコンプレッションウェアを試してみてください。

無駄でしょ・・・と思うかもしれませんが、意外とバカにならないですよ。

スポンサーリンク

コンプレッションウェアとは何か?

そもそも、コンプレッションウェアとは何か?からご説明します。

私が利用しているC3-Fitの販売元であるGOLDWINさんのサイトより説明を引用させて頂きます。

コンプレッションウエアの最も大きな特徴は、着圧設計。
全身を適切な着圧で加圧することで、運動時の余分なブレを抑制し、無駄なエネルギーの発散を抑え、運動効率の向上が期待できます。

(引用:GOLDWIN INC.)

つまり、普通のスポーツウェアに比べてタイトにし、例えばふくらはぎの揺れを軽減する等によって無駄なエネルギー消費を抑えるということです。

以下のような効果が得られると言われています。

  • パフォーマンス向上
  • 疲労軽減
  • 怪我の予防
  • 筋肉の余計なブレ防止 等

しかし、私が重要視しているのはパフォーマンス向上ではなく筋肉痛の軽減(疲労軽減)です。

個人的な使用感としては、確実に筋肉痛になり難くなりました

コンプレッションウェアどれを選ぶべき?

コンプレッションウェアにも色々と種類がありまして、私はランニングのためにロングタイツを購入しています。
その際、比較検討を行ったのは以下の2点です。

  • cw-x(ワコール)
  • c3fit(GOLDWIN)

それぞれ重視しているポイントが異なるため、自分が何を求めるかによって選択することが重要です。

ざっくりいうと、

cw-x(ワコール)⇒テーピング機能を施したコンプレッションウェアによる、運動中の怪我防止
c3fit(GOLDWIN)⇒段階着圧設計によって下半身の血液を循環させることによる、疲労軽減(一般医療機器認定)

です。

c3fit Performance Long Tightsの使用感

私が購入したのは「c3fit Performance Long Tights」です。

あくまでも、日々のランニングを楽しむためにも翌日に疲れを残さないことを重視し、c3-fitを選択しています。

実際、着用有無によって翌日の疲労感は異なりますので私の体質には合っていたと感じています。
※個人の感想のため、あなたも同様の効果が得られるとは限りません

このC3fitはリカバリータイツと言われており、運動後に履くということが言われていますが、運動中に履いても効果が実感できます。

普段よりも後半に力が残されてくるような感じですね。

最初に履いた時はキツイな…とおもいましたが、ランニング、自転車(ロードバイク)を乗る限りは足の動きを邪魔することもなく、運動する上で全く問題ありません。

また、これから冬になるにつれて寒くなっていきますが、ロングタイツタイプのため防寒にもなります。

夏の間も履いておりましたが、特に暑すぎることもなく利用できました。

しかも、私はロードバイクに乗るのも趣味なのですが、自転車でも問題なく利用可能です。

それこそ、トライアスロンをやっている方等はランニング・ロードバイクに利用できますし、何よりも疲れを残さずにトレーニングをする必要があるので検討してみてはいかがでしょうか。

購入時の注意点

必ず試着して購入してください。

コンプレッションウェア全般的に、身体に密着させて圧力をかけることによって効果を発揮するため、必ず試着して自分の身体に合うかを確かめてから購入してください。

ネットショップの方が安く購入できるかもしれませんが、初めての利用であれば必ず試着してからの購入を強くオススメします。

コンプレッション効果があり、さらに寒い時期にオススメのウェアもこちらで紹介しています!
中途半端に寒い季節にランニングするときにオススメのウェアはこれだ!

コメント