Android版Kindleアプリ 画面の明るさ(輝度)を変更する方法

ライフハック

Kindle端末は勿論のこと、PC、iPhone、Android端末でアプリケーションが展開されていますが、Android版のKindleでは明るさの変更方法が少し迷うと思いますので、変更方法をご紹介します。

漫画を読むときなどは直接明るさの変更ができないのでひと手間かける必要がありますので、注意してください。

スポンサーリンク

android版Kindleの明るさ変更方法

1. 文字サイズを変更可能な書籍を開く(小説・新書等)

まず最初に、Kindleアプリで文字サイズを変更可能な書籍を開いてください。
現状では、漫画のような固定サイズの書籍では、明るさを変更する設定部分が出てきませんので、漫画を開いている場合は一度切り替えてください。

文字サイズを変更可能な書籍がKindleに入っていない方は、無料の小説やサンプルがKindleストアにありますのでダウンロードしましょう。

↓無料購入できるKindle本です。文字サイズを変更可能な書籍を持っていない人は先にダウンロードしてください。

2. 画面をタップして設定バーを表示する

小説等をKindleで開いたら、画面上をタップしてください。
設定するためのバーが表示されるますので「Aa」と書かれた部分(画像の赤枠部分)をタップしてください。
画像のように字体変更の設定等を行うパネルが表示されます。

パネル上部を見てもらうと、画面と明るさ(輝度)を変更するスライドバー(画像の青枠部分)が表示されます。

kindle_setting

 

3. スライドバーを操作して明るさを変更する

画面の明るさを調整するスライドバーを左右に調整し、自分の好みの明るさにしてKindleをお楽しみください!
スライドバーの操作は以下の通りです。

・左へスライド⇒暗く
・右へスライド⇒明るく

もしくは、「システムの輝度を使用する」にチェックを入れて、端末本体の明るさ調整も可能です。
ですが、最近の端末は周辺の明るさにあわせて自動で明るさを変更する機能が入っていることが多いため、本を読んでいる途中で自動的に明るさが変わることがありますので、お奨めしません。

Android版Kindleアプリの明るさ調整時の注意点

冒頭で「文字サイズを変更可能な書籍を利用してください」と説明していますが、漫画では設定情報が表示されないため注意してください。
以下の画像を見て頂くとわかるとおり、明るさを設定するパネルを表示するための「Aa」という部分が存在しません

ですが、上記の方法で変更した明るさ(輝度)については、漫画等を読むときにも設定は引き継がれていので、ご安心ください!

Kindle_magajine

まとめ

漫画を読みたいときに明るさを変更するとなると、ちょっと面倒な明るさ変更方法ですが、現状ではこの方法でしか明るさを変更できません。
Android版Kindleアプリでは、小説等と漫画等では変更可能な部分が異なるため迷うことも多いです。
Kindle自体は素晴らしいサービスですので、AndroidやiPhoneのアプリの成熟にも期待したいところです。
(Kindle端末を使えってことなのかもしれませんが・・・)

コメント